Les miZenables

フランス語、ドイツ語、映画や本についてなど。いろんなことを横断的にやっていこうと思っています。

読書

書籍版の「このすば」が完結しました。

この素晴らしい世界に祝福を!完結記念特設サイト 書籍版の「このすば」が完結した。 お疲れ様でした。そして、何よりありがとうございました。 もともとは小説家になろうで連載されていたというから、完結するのはこれで2度目なんだろう。 スピンオフの方…

D・カーネギーの『道は開ける』が面白いよという話。

このメタリックレッドの文庫本を、必ず書店で見かけたことがあると思う。他にも青とか緑とかある。ビジネス書のコーナーには必ずあるし、そうでないところにも置いていたりする。仕事をはじめると結構なところで読むよう言われる。『入社1年目の教科書』で…

読書記録 : デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

必要なのは、実験を行い、リスクを冒し、能力を最大限に発揮できる社会的・空間的な環境だ。頭脳明晰なT型人間を探し出し、異文化連携のチームを立ち上げ、チーム同士のネットワークを築いても、仕事が最初から決められている環境で働かされるのなら、ほと…

読みました : シャーロック・ホームズ 緋色の研究(新潮文庫, 延原謙訳)

この決意ができたばかりの日だった。クライテリオン酒場のまえにつっ立っていると、肩をたたくものがある。ふりかえってみると、聖バーソロミュー病院時代私の下で助手をつとめていたスタンフォード青年である。(p. 9) アフガニスタン帰りのワトスン医師が…