orikuramizenのブログ

フランス語、ドイツ語、映画や本についてなど。いろんなことを横断的にやっていこうと思っています。

留学の思い出(カリーヴルスト)

 

大学四年の秋にドイツに留学した際に食べたものを紹介する。

 

1. カリーヴルスト、ザワークラウト、パン、ビール

f:id:orikuramizen:20171127230123j:plain

 カリーヴルスト(Currywurst)はベルリンではよく見る食べ物だ。

 いわゆるソーセージ(wurst)にトマトケチャップと、カレー粉をまぶしただけのもの。

 トマトケチャップの爽やかな酸味と、カレー粉のエキゾチックな香りが見事にマッチする。

 基本的には、ソーセージにソースを絡めるようにして食べる(というかそれ以外の方法があるのか?)

 

 店によっては、フライドポテトがついてくる。

 というか、そういうスタイルの方をよく見かけたような気がする。

 ただし、プリセットでついてくるというのではなく、注文する時に、

「Pommes, bitte(ポテトください)」などと言わないとついてこない。

 でも、頼んだ方が良い。

 このソースをポテトですくって食べるのだ。

 トマトの爽やかさ、カレーのエキゾチック、そしてしっかりと効いた塩味が加わって……いつの間にか君はビールを手にしている。

 

 そういうシステムが出来上がっている場所なのだ。 

 ドイツとは、そういう国だ。

 

 そして、そんな国にいると、

 食べている途中に「ビールが飲みたい!」って慌てないよう、

 予めビールを用意しておく用心深さが身につく。最高だよ。

 

f:id:orikuramizen:20171127231146j:plain

 

 これもカリーヴルスト。ね、ポテトの量を見なよ。

 どれだけポテトが欠かせないかって話については、機会を改める。

 

 

f:id:orikuramizen:20171127232439j:plain

 

 ちなみに、これが留学時代に初めて食べたカリーヴルストらしい。

 カリーヴルストは、レストランで食べるものというよりも、

 街のスタンドで買って食べるイメージがある。

 そんなわけで、こうして食べやすいように、一口大に切られているものが多い。

 

 上に上げた写真は、赤いソーセージが多いけれど、白いソーセージの場合もある。

 ソースも店(スタンド)によって微妙に異なる。

 お気に入りのスタンドを見つけて、そこに通う――というのも滞在の醍醐味だったりする。

 

 ベルリンにあるカリーヴルスト・スタンドの中でも、

 一際有名なのが、「Curry 36」というお店。

 zoologischer gartenという場所にある(動物園、というような意味)。

 でも僕はそこの本店に行ったことがない(というかあるのを今知った)。

 あそこは確か白ソーセージだったような気がする。

 

 で、実のところ、zooに行くなら、僕はチャイナボックスをオススメする。

 チャイナボックスとは、よく映画とかで警官とか若物が食べてる、紙の箱の奴だ。

 いろんなところであれを食べたが、zoo駅の近く、アダルトショップ下の屋台のものが最高だった。

 

 友人とは、よく「ツォーのチャイナボックス食べてぇな」と話していた。

 今でも話すことがある。

 特別美味しいってわけでもないのに、なぜか癖になる、求めてしまう味だった。

 

 チャイナボックスの話も日を改めることにする。

 今日はここまで。

 

 

f:id:orikuramizen:20171127234755j:plain

 

f:id:orikuramizen:20171127234602j:plain