orikuramizenのブログ

フランス語、ドイツ語、映画や本についてなど。いろんなことを横断的にやっていこうと思っています。

映画

026本目 : 『バニラ・スカイ』(2001年)

バニラ・スカイ (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Prime Videoこの商品を含むブログを見る 『バニラ・スカイ』は2001年のアメリカ映画。1997年のスペイン映画『オープン・ユア・アイズ』のリメイク作品とのこと。キャメロン・クロウ監督。トム・クルーズ…

025本目:『シン・ゴジラ』(途中)

それは一体なんなんだ、というところからはじまり、今あるものをかき集めて対処する。 『シン・ゴジラ』予告 - YouTube シン・ゴジラ発売日: 2017/03/22メディア: Prime Videoこの商品を含むブログ (27件) を見る おそらく三度目の視聴。劇場で一度、その後…

008本目: 『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)

今回は、マーベル・キネマティック・ユニヴァース17作品目、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』を振り返ります。織倉未然はマーベル作品の中でも、とにかくソー(とロキ)、ドクター・ストレンジが推しです。この作品を見たのはこれで2, 3回目。 マイティ・…

006-007本目: 「∀ガンダムI 地球光」『∀ガンダムII 月光蝶』(2002年)

1999年から2000年まで公開されたテレビシリーズ『∀ガンダム』の劇場版。大学生をしていた頃にレンタルしてきて全部見た作品であり、その雰囲気からとても大事になった作品。それまで観たガンダムシリーズは、戦争がどうしてもメインになってしまい、その悲惨…

005本目: 『アフター・アース』(2013年)

久しぶりにこういう父と息子の物語を見た。「親と子」というよりは、「父と息子」と書いた方が正しい気がする。古典的かつ道徳的なSF映画。1000年以上後の地球が主な舞台になってはいるが、どちらかというと父と息子の絆とか信頼(でもそれは所与のものでな…

004本目: 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)をネタバレなしで振り返る。

◎ネタバレしないように、エンドゲームを紹介する。 10年に渡るアベンジャーズの物語が終わる。アイアンマンの登場からはじまり、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなど様々なヒーローが地球を、それどころか宇宙を守るために戦ってきた。彼らそれぞれに…

003本目: 『アベンジャーズ』(2012年)

あらすじ 世界の危機に対する秘密組織S.H.I.E.L.D.の研究所から無尽蔵のエネルギー秘めた物質、Tessaract(四次元キューブ)が盗まれる事件が起こる。盗んだのは、北欧神話の元になった異世界(というか惑星)アズガルドのロキ。彼は謎の宇宙的パトロンから…

002本目: 『ヒットマンズ・ボディガード』(2017年)

あらすじ トリプルAクラスのボディガード、マイケル・ブライス(演: ライアン・レイノルズ)は、護衛対象を暗殺されてしまい、キャリアも台無しになってしまう。元カノとは疎遠になり、以前に比べて格下の対象を護衛する毎日。一方、ベラルーシの元独裁者で…

001本目: 『トータル・リコール』(2012年)

令和初めて見た映画は『トータル・リコール』(2012年)。 あらすじ 作品情報 SF作品としての『トータル・リコール』 個人的に関連するオススメ作品 あらすじ 舞台は主にイギリス(UFB = the United Federation of Britain)とオーストラリア(コロニー)と…

『メッセージ』評

概要 『メッセージ』(Arrival)は、テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にエリック・ハイセラーが脚本を執筆し、ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務めた2016年のアメリカ合衆国のSFドラマ映画(英語版)である。出演はエイミー・アダムス、ジ…

今週の織倉未然(2019, 11th)

仕事が辛い 今の仕事は繁忙期ということもあって、残業1時間が通常業務として設定されているんだけど、これが存外に辛い。残業はできるタイプらしいとは思ったこともあったが、それは10時間以上の睡眠を前提としていたのだと気づいた。それは寝すぎだし、そ…

映画『エリジウム』を観た話。

あらすじ エリジウムはSF映画。2100年代のアメリカと居住衛星エリジウムが舞台。地球はすでにありえんほどに荒廃してしまっているので、どもかしこもスラム街といった趣。貧民が住んでいる。対して、エリジウムは金持ちたちの住む世界。貧富の差は著しく、エ…

映画『ロマンティックじゃない?』を観た話。

『ロマンティックじゃない?』はNetflixオリジナルのラブコメ映画。 「ラブコメなんて大嫌い!」という主人公が、頭を打って目覚めると、世界は家族向けラブコメの世界。ゴミ溜めのようなNYが、華やかで愛と奇跡と優しさに満ち溢れた街に大変身。 ラブコメ的…

デジモンアドベンチャーtri. を観ている。

triの第1章エンドロールのドット絵をみる限り、これは成長期だった選ばれし子ども達の「成熟期」の話だ。あの日冒険をしていた子どもの彼らではもはやない。青春の時期だ。責任感と自分たちに与えられた力(宿命でも良いし、歴史でも良い)、様々な感情と向…

[ドイツ映画]『帰ってきたヒトラー』が面白かった話

笑えるけど、笑いごとなんだろうか……? 『帰ってきたヒトラー』(原題: Er ist wieder da)は、2015年に公開されたドイツの映画。原作は同名タイトルの世界的ベストセラー小説。現代に復活したヒトラーが人々の心を掴んでいく様がコミカルに描かれるが、ただ…

"Hasta la vista"について

"Hasta la vista"はスペイン語の挨拶で「また会う日まで」というような意味。 "Hasta la vista, baby"とすると、『ターミネーター 2』の名セリフの1つになる。「地獄で会おうぜ、ベイビー」などと訳され、心に残るフレーズのひとつである。ちなみに英語版Wi…

スターウォーズについての所感

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)発売日: 2015/04/07メディア: Prime Videoこの商品を含むブログ (2件) を見る スターウォーズとはじめて出会ったのは、小学三年か四年の頃で、熱が出て学校を休んだ日のことだった。テレビでやっていた…

映画『その女諜報員 アレックス』を見た話

見た日 07月08日 『その女諜報員 アレックス』(原題: Momentum)は2015年に製作されたアメリカのアクション、クライム映画。007シリーズ『慰めの応酬』でボンドガールを演じたオルガ・キュリレンコ主演。似たタイトルに『その女アレックス』という小説があ…

映画『Death Note/デスノート』(ハリウッド版)を見た話

見た日: 07月08日(土) ハリウッド版『Death Note/デスノート』は、2017年にアメリカで製作されたスーパーナチュラル・スリラー映画。原作は世界的な人気を博している同名漫画で、日本でも映画化されたことがある。 Death Note | Teaser [HD] | Netflix あ…

映画『ゴーストバスターズ』が面白かった話

『ゴーストバスターズ』(2016年, 原題: Ghostbusters)は、アメリカの超常現象コメディー映画で、1984年の同名映画『ゴーストバスターズ』のリブート作品。もとはシリーズ第3作として構想されたものの、主人公を女性に変えて製作された。 映画 『ゴースト…

Amazonプライム・ビデオと僕

Amazonのプライム・ビデオにはまっている。 いろんな映画を見ることができるし、運が良ければ無料だ。 僕の住んでいるような寒いところにいると、家から出るのが億劫になる。 仕事が忙しく疲れていると、帰りにレンタルビデオショップに寄る精神力もない――と…