orikuramizenのブログ

フランス語、ドイツ語、映画や本についてなど。いろんなことを横断的にやっていこうと思っています。

001本目: 『トータル・リコール』(2012年)

令和初めて見た映画は『トータル・リコール』(2012年)。

あらすじ

舞台は主にイギリス(UFB = the United Federation of Britain)とオーストラリア(コロニー)と呼ばれる。このふたつは地球の核を貫通する鉄道(ザ・フォールと呼ばれる)で繋がれている。UFBにはリッチな人間が住み、コロニーには貧困層が住んでいる。UFBからの独立解放を目指すレジスタンスがおり、あまり治安はよさそうではない。

主人公のダグラス・クエイド(演: コリン・ファレル)は、コロニーで暮らし、毎日ザ・フォールでUFBに出勤する工場労働者。おかしな夢に頭を悩ませている。現実には美人な妻がいるが、ここではないどこかへの憧れが捨てきれない。

そんな時、彼はリコール社の広告を見つける。ここでないどこかに実際に行ったかのような経験ができる、記憶を植え付けるという内容に心動かされ、友人の制止も振り切って、彼はトータル社に足を運ぶ。

作品情報

トータル・リコール』(原題: Total Recall)は、2012年のアメリカ合衆国SF映画。原作はアーノルド・シュワルツェネッガー主演の1990年の映画『トータル・リコール』と同一であるフィリップ・K・ディックSF小説『追憶売ります』だが、より原作に忠実なプロットとなっている。 劇場版とディレクターズカット版では、物語の展開が異なる。なお、ディレクターズカット版はブルーレイディスクのみの収録。

では、そのリメイク元の1990年版はどうかというと、

トータル・リコール』(原題: Total Recall)は、1990年のアメリカ映画。

フィリップ・K・ディックが1966年に発表した小説『追憶売ります』(We Can Remember It for You Wholesale)を映画化したSF映画である。ただし原作は数十ページ程度の短編であり、映画化に際してかなり多くのシーン(特にアクション・シーン)が追加されている。

監督はレン・ワイズマン(Len Wiseman)。この人は、スターゲイトメン・イン・ブラックGODZILLA(1998年)の脚本補佐から始まり、最近だとスリーピー・ホロウ、LUCIFER/ルシファーなどのテレビシリーズの監督もしているらしい。 ダイ・ハードシリーズの熱心なファンで、ジョン・マクレーンの台詞を全て覚えていると公言しているとのこと。

レン・ワイズマンにとって、この作品を撮る時のプレッシャーにもなっていたのが、1990年版の『トータル・リコール』だったとのこと。アーノルド・シュワルツェネッガー映画としての『トータル・リコール』ではなく、SF作品としての『トータル・リコール』を撮りたかったのだと言っている。

movieweb.com

SF作品としての『トータル・リコール

夢とか記憶、つまりは現実の認識がテーマになっている。どこまでが現実で、どこからが夢なのか、というテーマは根源的な不安を呼ぶし、狂気と正気(なるものがあるとして)の境界線をなぞることになる。実にスリリングだ。

こういうテーマの映画は本当に好き。

個人的に関連するオススメ作品

この他にも色々関連して観たくなってくる映画はあるけれど、とりあえずはここまで。